これより精密に合わせられる雲台は無い

カシャッさん : 2015/07/22
写真を撮る際、しっかりと三脚を使う人向けのお話しです。
特に、三脚と雲台を別で揃える方向けです。

一般的な雲台は、セットすると前後や左右の傾きが合わないときがあります。

そんな時、一度緩めて、再度締め直す必要があります。

しかし、、、、、また、傾きが合わないときがあります。

建物や部屋を撮ろうとしているが水平が合わない。
風景を撮ろうとしているが、水平線が傾く。
...などなど。

「そうそう!」と思う方へ。

この雲台、「マンフロット ギア付きプロ雲台 405」を使ってみて下さい。
重いですけど、超精密に前後左右の傾きを調整できます。

前後左右の動きは、それぞれグリップを緩めた状態でないと動きません。
緩めた状態から、だいたいの位置で合わせてグリップを話すとガチッと止まります。

その後です、今度はグリップの先端を回すのです。
すると、商品名の通り「ギア」が回り、少しずつ傾きを調整できるのです。
微妙な動きが簡単に調整できるのです。
数度単位というレベルではなく、回しただけ極微妙に変えられるのです。

もちろん、前後と左右は別々に調整します。
これによって、建物の水平や水平線も、ピッタリと希望通りに合わせられます。

これを持って登山となると厳しいかもしれませんが、車で移動して撮影するというスタイルの場合は重宝すること間違い無しです。